サイトトップ RELENZA.jp サイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
RELENZA.jp
RELENZA.jp -インフルエンザオンライン- 医療関係の方々へ「インフルエンザ」に関する情報をお届けします。
トップ診断と治療>インフルエンザ(Seasonal Influenza)の傾向
インフルエンザ(Seasonal Influenza)の傾向
監修: 長崎大学名誉教授
愛野記念病院名誉院長  松本慶蔵 先生
■インフルエンザの症状
症状については、突然の38〜39℃を超える発熱と頭痛、関節痛、筋肉痛などに加え、鼻汁、咽頭痛、咳などの上気道炎症状がみられ、全身倦怠感等の全身症状が強いことが特徴です。流行期(我が国では例年11月〜4月)にこれらの症状のあった場合はインフルエンザの可能性が高いと考えられます。潜伏期は1日から5日(平均3日間)とされています。通常、症状は約1週間で軽快することがほとんどですが、肺炎などを合併する場合もあり注意が必要です。また、インフルエンザには、軽症例や非特異的な症状を呈する例も多く、流行のピーク以外の時期に臨床所見だけからで他の疾患と鑑別することは困難です。

■インフルエンザと普通感冒(風邪)との違い
インフルエンザ 普通感冒(風邪)
初期症状
悪寒
頭痛
  鼻咽頭の乾燥
  くしゃみ
主な症状 発熱
全身痛
鼻汁
鼻閉
悪寒 高度
軽度
熱および熱型
と期間
38℃〜40℃
3〜4日間
なし
または微熱
全身痛、筋肉
痛、関節痛
高度 なし
倦怠感 高度 ほとんどなし
鼻道症状 後期から著しくなる 初期が著しい
咽頭 充血
ときに扁桃膨張
 やや充血
結膜 充血 なし
合併症 気管支炎、インフルエン
ザ肺炎、細菌性肺炎、
脳炎、脳症
まれ
病原 インフルエンザウイルスA、B ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
パラインフルエンザウイルス
インフルエンザCウイルス

 
 

■A型インフルエンザの症状
潜伏期間は短く(1〜4日)、発症時は、突然の悪寒と発熱があります。頭痛、咽頭痛、筋肉痛、倦怠感、咳などの呼吸器症状を伴います。熱は24時間以内に38〜40℃のピークに達し、1〜5日続きます。小児は成人と比べ重篤になりやすい傾向があります。発熱が39〜40℃と成人より高く、嘔気、嘔吐、腹痛などの消化器症状が目立つ事があります。また、喉頭炎、中耳炎、結膜炎、痙攣の他、肺炎、脳症・脳炎などの重篤な合併症を起こしやすくなります。一方高齢者では成人の症状と本質的に大きなちがいはみられません。嘔吐が非常に少なく、筋肉痛、悪寒はそれほど多くはありませんが、咳の頻度が高く、呼吸困難を伴う事があります。成人に比べて予後が著しく悪く、高齢者の死亡率が増加する原因のひとつとなっていると考えられます。

■B型インフルエンザの症状
症状はA型とほぼ変わりませんがB型インフルエンザでは、嘔吐や腹痛など腹部症状がA型に比べ、強くでることがあります。高熱は3〜4日程度で下がってきますが、細菌の二次感染による中耳炎、副鼻腔炎、肺炎などの細菌合併症を起こして重症化することもあるので注意が必要です。A型ウイルスに香港型、ソ連型があるのに対し、B型インフルエンザウイルスは1種類だけですので、1度かかって免疫ができるとかかりにくいとは言われています。ただ、ウイルスの形はたえず少しずつ変わっていますので、別なシーズンではまたかかってしまうこともよくあります。

■二次感染型肺炎、ウイルス性肺炎と併発型肺炎の違い
二次感染の肺炎は、インフルエンザが治ったように見えたころに起こることが多くなります。肺炎を併発すると、たんが濃い黄色や緑色になるなど、以前よりも汚いたんが増えてきます。家庭では安静にするとともに、部屋の湿度を保ち、たんの量や色に注意することです。
まず、ウイルス性肺炎には呼吸器ウイルスによる肺炎と肺以外の臓器を侵すウイルス感染にさいしてみられる肺炎とがあります.呼吸器ウイルスとしてはインフルエンザウイルスA、B、C、パラインフルエンザウイルス、RSウイルス、コクサッキーウイルス、ライノウイルス、エコーウイルスやコロナウイルス、レオウイルスなどです.呼吸器ウイルスは上気道から下気道までいずれの部位をも侵し,下気道感染が主となるとき気管支肺炎や肺炎の型を呈します.ウイルスは細気管支や肺胞の細胞質や核内に感染して細胞壊死を生じ,その損傷の形や程度はウイルスの感染量,毒性および部位によって異なります.II型肺胞細胞の損傷は肺胞腔の虚脱,単核白血球の周辺浸潤など間質性肺炎の型をとるものから,毛細管壁を含む肺胞壊死を生ずる浮腫性・出血性胞隔炎を呈する出血性間質性肺炎hemorrhagic interstitial pneumoniaの型となるものまでがみられています.細菌の二次感染によって重症化するものが多く,治療はこの予防と免疫療法が主となります。
次に、併発型肺炎はインフルエンザに罹患した場合、二次感染により肺炎を併発して重篤化しやすくなります。10歳以下の子供の場合は、脳症を併発して死亡する場合もまれにあります。65歳以上の高齢者、慢性肺疾患・心疾患、糖尿病、腎不全、免疫不全などがある場合、感染症罹患の危険が大きくなります。肺炎を併発して、重症化したり、死亡する症例が多いので、十分に注意が必要です。インフルエンザそのものでも急激な発熱などや全身倦怠感もありますので、予防を最優先させることが大切です。

■RSウイルスによる細気管支炎
RSウイルス感染症は冬季に多い病気で、年齢を問わず感染します。軽いかぜ様症状から細気管支炎や肺炎に至るまで様々な症状を呈しますが、特に3歳以下の乳幼児では重症化することがあるので注意を要します。RSウイルスから細気管支炎になった場合は、左右の肺に分かれる気管分岐部から細気管支炎までの下気道に炎症が生じ、せきや38度前後の発熱を伴います。 毎年、冬から春に流行し、乳児の70%が1歳までに感染を受け、2歳までに100%がかかるとされます。新生児や乳児期早期には下気道感染症を起こして重症化しますので注意が必要です。
ウイルスの潜伏期間は3〜5日、伝播可能期間は1週間とされます。感染は人から人へ、鼻汁や喀痰が手指や器物を介して、また直接接触して、あるいは飛沫感染によって伝染します。ウイルスを含んだ鼻汁や分泌物が気管などの下気道へ吸い込まれると感染が下気道におよびます。せきが強まり息を吐く時にゼーゼー言い、呼吸数が多くなり、陥没呼吸などの呼吸困難がおこります。子どもは不機嫌になり哺乳困難や睡眠障害も見られ、未熟児・新生児では無呼吸を反復することがあり、突然死の原因になることがあります。また心疾患や慢性肺疾患などの基礎疾患を有する乳幼児では呼吸障害が強くなる可能性があります。RSウイルスは誰でもかかる病気ですが特別な治療法はありません。冬から春に風邪をひいた人が新生児や乳児にその風邪をうつさないことが大切です。

 

ページトップへ
インフルエンザの傾向
種類と特徴
診断キット
ハイリスク群患者とは
患者指導用ツール
インフルエンザQ&A

ご利用条件    プライバシーポリシー    推奨環境

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.
トップページへ戻る